ずっと向けられ続くと信じていた愛情が、

自分以外のほかの力で断ち切られたとき、

信じていた気持ちは、途端に行き場をなくして、

信じていただけの自分を無理矢理奮起し、必要とされる自分、に、

変化させようとする。

その変化は、また、必要とされる自分にすればするほど、

行き場を無くした気持ちを、益々黒く、大きくしてしまうけれど、

そうして誰かに愛されるのなら、それを望むこともある。

だから、どうか、初めて奮い立たせた時の、自ら黒く大きくしてしまった時の、

その時の想いを、ただただ、受け入れて欲しい。

その前の事でも、その後の事でもなく、

その瞬間の気持ちを、聴いていて欲しい。

そんな時もあると思う(^-^)

hqdefault

この歌 BUCK-TICK JUPITER 最近の好きな歌。