もし、自分のいる世界が、肯定も否定もない世界だったら(^^)

いつも自分のやる事を、何かの別の事例とは比較せず、

それがあなたらしいのか、あなたらしくないのか、

そんな見方をしてもらえたら(^^)

そして、あなたらしい時もあなたらしくない時も、

どちらになっても、ただ、事実を受け入れてくれるだけで、

そこには肯定も否定も、なかったら(^^)

そんな世界は、

人を勇気づけ、自分の心に正直に、自分らしくいられる選択をさせてくれる、と思う。

ただ受け入れられている、と知る事は、

自分自身で、自分の目的地に向かって立ちどまり、

自分の足元を確認して、そして前を向く、ことに繋がっているのかもしれません(^^)

IMG_0688