人は、温もりを求めて、
繋いでいた手を離してはまた繋いで、

また、別の手を探したりしているのならば、

望む手が見つからない時間は、
辛く寂しい時間を感じる時もあるのかもしれません。

けれど、あなたが生きて探している限り、
あなたの手を待っている手は、
必ずどこかに存在していて、
必ずどこかで出会えたりする。

だってあなたの手が、自分では気づかないところで
温かみに溢れているから。

様々な繰り返しの中で、
あなたの手には温かさが重なっているから。

そう思います。

OSASuBX1SGu4kb3ozvne_IMG_1088