私たちは、誰かが起こす行動から、
その行動のみに、捕らわれてしまったりします。

その行動の理由を、
きっとこうだったからだ、きっとそうに違いないと、
自分の中で想像を膨らませた時、
想像の中の行動の理由に捕らわれて、
頭から離れなくなったりします。

そしてその捕らわれは、今ではなく、
未来を想像していたりします。

こんな風だから、こうなっていくはず、といったように。

もし捕らわれが起こったら、
今の現実は、どうだっけ?と思うことが、いいかもしれません。

自分の眼で実際に見たり、その人の声から聞いたんだっけ?と
思ってみるのがいいかもしれません。

そうすると、
捕らわれに覆われていた自分が抜け出せ、
そのもの自体を見つめられ、
嫌な印象だけでなく、いい印象も思い出す。
双方からみれて、また、判断するわけでもなく
なんとなくそれを見つめることができたりします。

人の気持ちや行動の理由は、
聞いてみないと、本当のところは分からない。

IMG_0966