去年の今頃には何を考えていたかなあと思い、
過去のブログを振り返ってみました。
当時思ったことを書いたブログを見つけたので、再度アップしてみます(^^)

毎年いろんなことを思って、だんだんと心が安定していく。
あんなこともあったなあと思いを巡らせ、その話ができるようになっていくことも、
とても大切な過程だったと思っています(^^)

b_simple_122_2m

昔、顔の右半分が笑えていない時がありました。
その事を思い出したのは、今年に入ってからの事だったと思います。

鏡を見て、普段通りによく頑張った!と自分に向かって言っている時、
何の違和感もなく左右の口角が均等に上がり、顔が笑えていたのを見た時でした。

そういえばある方に、
「自分軸で幸せを感じていると、何もなくても自然と笑ってたりするんだよね」と言われた時、
「はい、そうですね、最近はいつも口角が自然と上がります」と、
ためらことなく素直に言えたなと思い出しました。

笑っていても心から笑えなかったあの時期、
半分だけ顔が笑わないのが嫌で、そのことだけを気にして、
鏡を見ながら右側の口角を上げる練習していました。

こうした方がいい、こうするべきと言われたことを出来ない自分のことが、
本当にダメだと思い、自分を嫌いにしていました。
笑わない顔も嫌いでした。
本当は全部好きでいたかったのに(笑)

でも今、自然と違和感なく笑顔が顔に出るのは、
そんな出来ない自分やダメだなあと思う自分も、受け入れたからだと思います。

今は、出来るから自分の事が好きとか、
出来ないから自分の事がキライとかではなく、
そんな自分でもいいと思えているからだと思います。

ダメな自分もいたから出来る事がある。
そして、自分の中にある、ダメになった理由の方が大切なんだなと感じます。

当然の様で、自分に置き換えると自分を否定することしかできず、
なかなか難しかったりしました。

けれど、他人軸のこうした方がいい、や、こうするべきは、
自分軸に置き換えてみて、やるかやらないかを自分で決めればいい。

そうして、出来る出来ないは、自分で判断すればいい。

そしてやらないことを選択しても、それはわがままなんかじゃないんだな(^^)

IMG_1055

今年の事を振り返っていたら、また一つ思い出しましたー(^^)