昔、居心地の良さを感じてはいけない、と思っていました(^^)

けれど、一度居心地の良さを感じてしまうと、

そこから抜け出せなくなった(^^)

その時、その居心地の良さをどうやって持続すればいいのか、分かりませんでした。

それまでの私にとって、「頑張る」とは、自分を追い込む事だったから(^^)

でもその居心地の良さを持続したい、という思いのままに、恐る恐る従ってみると、案外自分以外は、簡単な事だった(^^)

今まで隠していた自分の事を少し話してみる事。

自分が感じて来た気持ちを、少しでも頑張って伝えてみる事、でした(^^)

今まで使ってた頑張りを、

180度真逆の事に使ってみると、

最初の一歩のその思いは、案外簡単に受け止めてもらえた。

そして、初めて、頑張って、良かった(^^)と、思えた(^^)

頑張るってこういう事だったんだ、と思った(^^)

未来につながるための行為なんだって思えた(^^)

自分を見つめる人