その、小さな心で、

どれだけの事を受け止めて来たのでしょうか。

繊細で、心底優しいあなたは、

そのホッとするような笑顔を出す間もなく、

今も走り続ける。

けれど反面、あなたは、あなたのための笑顔を持っていて、

その笑顔を出したくて今、向き合おうとされている。

一度歩を止めてみようとされている。

少しづつ少しづつ歩を止めて、

一度、その場に完全に立ち止まってしまった、と思うくらい、立ち止まってみるのがいいかもしれません(^^)

それは、気づけば、前に、ではなく、一段高いところに昇っている、ことになる(^^)

あるがままの姿を見つけて、素敵な笑顔で過ごしていくための、立ち止まる時間。

随分走り続けて来たので、休憩の時が来たのかもしれませんね(^^)

立ち止まる足