光

今在る生に、気持ちを清らかにして、
心のままに、今、出来る事を懸命にやる。

見えないものに捕らわれて、
嫌悪感を何とかしようとするのではなく、

自分の良さを、存分に、惜しみなく使うこと。

ただそれだけをやっていれば、
気づけばあなたは、いつだって光。

見えない力は、その光に寄り添われていく。