その人にしか分からない気持ちや領域は、
あるのかもしれません。

けれど、その領域を手放したくなったら、
いつだって、あなたの話を待っている人の元へ、行くのがいい。

懸命に、手放さないように必死に捕まえてきたのに、
握っているその握力も限界で、もう手放してしまいそうなんだ、

そんな話で、いい。

男性

あなたの話を待っている人は、必ずいる。