炊き出し

今日の夕食は、以前にもご紹介した「おわん」というお店で頂きました。

以前お邪魔させていただいた時から季節も変わり、メニューも新しいものに変わっていました。
けれど、おわんの代名詞とも言える様な、繊細なあのお味は全く変わらずで、
何を口にしてもふんわりと優しく、いいお味が喉の奥や鼻孔に届いてきてくれます。

きっと、一つでも、少しでも、何かの匙加減が変わってくれば、
この繊細なお味は変わってくるのだろうなと思うと、
お料理人さんの集中力には脱帽だなと思いました。

そして、目の前のお料理一つ一つに全力を注ぐために、
いつも自分のことを大切にしているから、
この変わらぬお味が出せるのだろうなと思います。

丁寧である、というのは、自分を大切にしているからこそ出来る事なのかもしれません。

食後に入れていただいたお茶も自家製のチョコレートも、とても美味しかったです。
ご馳走様でした(^^)

お茶