夕陽

地球上から空を見上げていると、

はつらつと明るく、在るものを照らす太陽の光も、
反転すれば、暗闇の中で自身の存在を示すような、月という別の光となる。

光は、周りを照らす太陽の光から、唐突に、自分を照らす月の光に変わる訳ではなく、
その変化の間に、夕陽という光の時間が存在する。

夕陽の光は、周りを照らす訳でも、自分を示す訳でもなく、ただ大きな光を様々な色彩になって自ら放つ。
そしてその夕陽の光は、人の心に響いていく。

夕陽を見ていると、その夕陽の時は、自分の存在を受け入れるための時間の様に見えてくる。
自分が月になった時、夕陽の光の美しさがしみじみと心に広がって思い出され、
とても愛おしい色に見えるのだろう。

そして、太陽も夕陽も在るからこそ、月という自分も在る事に、感謝するのだと思います。