親子

昨日、素敵な光景に、同じタイミングで二度も遭遇出来、
とても幸せな気持ちになりました。
二つともお母さんと娘さんの光景でした。

 

真新しい制服を着た高校に入りたてくらいの女の子が
自転車に乗っていました。
後ろに横座りをしたお母さんが座っていました。
お母さんは少し怖いわと言いながら笑い、
娘の身体にしっかりと手を回してしがみついていました。
娘さんは少し照れながら
お母さん声、大きいんだけど、と笑いながら言いました。

そしてすぐ、向かいの道路に視線をやると、

小学校に入ったばかり位の女の子と
そのお母さんが手をつないで歩いていました。
女の子はお母さんに飛び切りの笑顔で
何かを説明していました。
その説明を聞き終わったお母さんは、
「すごーーーーーーい!!!」
「なんて賢い子なの!!!!」
「えらい!!!」
と言って、その女の子の頭を何度も何度も撫でました。
二人とも、このまま永遠と見ていないなと思うくらいの
とても嬉しそうな笑顔をしていました。

どちらも小さな地元での親子の光景でした。

お母さんとわたし。
二人とも頑張っている自分を
いつかはほめて欲しくて毎日を生活している。
お母さんだって娘にほめてもらいたいし
娘だってお母さんにほめてもらいたい。
そんな風に思いを通わせて
二人の間に起こる小さな出来事を、
毎日、大切にしている。
それはきっと、二人だけの宝物。