笑う

嫌だなと思う人を見ているとき、
こんな自分は嫌だ、
こんな自分になってはいけない、と、
その人に自分を見ている。

どうしてそんな自分はいけないのか。

そんな自分になったことがあるのかもしれません。
そんな自分を許せていないのかもしれません。

そして、そんな自分でいた時、傷ついた経験があるんでしょう。

人に自分を見ているとき、
傷ついた時のあなたとは、違うあなたが見ているはず。
悪気がなかったのは、あなたが一番知っているはずだから、
もうあのあなたは許してあげよう。

そうすれば、目に映る自分に、
優しくなれる。

そしてあなたは、真新しい自分に出会う。

にっこり笑って。