6987043562_b49c6815b9_z

今日のお月様は半月でした。

そういえば昔、私は半分、と思っていたのを
思い出しました。

自分のことを半分しか知らないと思っていた。
だから私って何だろう、私ってどういう性格なんだろうと
いつも考えていた気がします。

 

半月は、半分だけど、
見えているその半分は、光輝いている。

誰しも気づいている自分、
見えている半分の自分は輝いていたのかもしれません。
けれどもう一方の見えない半分を探し続けていたから、
輝いている半分のことにも気づけなかったのかもしれません。

 

時が経てば月は満月になるように、

光輝いている半分を大切にしていけば、
もう一方の半分は、
自分以外の何かの力によって満たされていく。

いつの時も、在る自分で輝いていること。
月はどんな形だって輝いている。

輝いている半分を、見つめていればいい。