IMG_0252

今日の本棚は前回に引き続き、河合隼雄先生の著書、
「生きたことば、動くこころ」です。

この本は、河合隼雄先生が、
京都大学臨床心理学教室での事例検討会にて発言された言葉を集められたもので、
当時の大学院生による録音が“河合隼雄語録”として学内外に出回り臨床心理を学ぶ学生の間で
受け継がれ読まれていたものです。

ある意味「古典」とも言えるこの本が
今なお受け継がれている意味に、
深く共感を覚えました。

著書の中で、

「絶対に生きた言葉を使わなくてはいけない」
「人生の中にこれ(セラピー)が入り込まなきゃ」などという言葉が出てきます。

臨床家という一人の人間として、
河合隼雄先生が考えるカウンセリングというものが
よく伝わる一冊だと思います。

 

「ご相談して下さる方々には本当にすごい力がある。」
と最後に仰います。