A photo by Artem Kovalev. unsplash.com/photos/FTqGXdQbdp0

今、姿勢を正すことを意識しています。

腹筋と背筋の筋肉を使って背骨を綺麗なS字に保てるように、
頭のてっぺんから引っ張られていることを意識します。

身体は意識をやめると違和感を感じさせてくれます。

そしてまた意識を向けると、
引っ張られている感覚を覚えてくれていたかのように、
これだよーと言ってくれている。

最初はその姿勢を維持する事が大変でしたが、
意識を持ち続けることは、やめられなかった。

こうなりたい、そう思うとき、
意識は決してなくならない。
その道のりには様々な事が起こっても、
身体や心がその楽しみを感じているから、
意識がなくなることはないのかもしれませんね。

どんなにやめてしまいたいと思ったとしても、
やっぱり本心ではやめたくないと思っていることがある。

それはある意味、無意識ともいえるし、
無意識が意識を教えてくれているともいえると思う。