文化の日ということもあってか、
たまたま公園に行くことになった今日(^^)

小石川後楽園に行ってきました。
水戸徳川家二代藩主の光圀の代に完成した庭園だそうです。

公園を一周して最後に辿り着いたのは、
小さな丘のようになっているところでした。

少し小道を登っていくと小さな小川が流れ、
何となくそこから空気がスッと透明感を増したように感じた。
透明の空気の中に身を任せて小高い丘を登ると、
その頂上は、雲の切れ間から覗く富士山を眺めていた場所だったそうです。

今は、徳川幕府が出来てから約400年。

400年前にここに立っていた人はどんな気持ちだったんだろう

あーなんだか自然が感じたいな、
心を感じたいな

っていうときに、
ここに立っていたんじゃないかなあと

そう思いました。

状況や環境が違えど、
自然を望む、心を望む、本来のものを望む、
そんなありのままを欲する心は
今も昔も同じなんじゃないかと思えた。

img_0486400年あまり前に作られた公園の後ろには東京ドームが映る。
昔と今の不思議だな、と思います(^^)

img_0485お抹茶もいただいてきました(^^)