光を受け止める手

広げた手を、あの人にあと少しで届くというところで押し留めて、
その手をギュッと力強く握りしめる。

自分の心の反応が、
差し伸べることを留めさせた。

けれどその握りしめた手は、石のような拳に見えて、
本当にそれで良かったのかと訴えかけてくる。

それで、いい。

石のように見え、訴えてくる拳は、
あなたの良心だから。

これで良かったのかと、
自分の考えしか考えていないように思い、
心を痛めるのかもしれない。

でもね、自分の考えだけしか考えていないのであれば、
拳が訴えてくることさえない。

訴えてくるのは、自分のことも周りのことも
全て見えて、悩んだ結果のことだから。

だから、心に素直でいること。
良心に導かれていくこと。
その道は必ずいい方向へ向かう。