img_0825-1

今、河合隼雄さんの本を全部読もうとしています。
ですので河合隼雄さんの本がまりこの図書館に蓄積出来てきました。
正直に嬉しいです(^-^)
この後用意している本も河合先生の本なので、のち3回は続きます(笑)

どうしてこんなに惹かれてしまうのでしょうか。

河合隼雄さんは必ずと言っていいほど、
人の心は判りませんと仰います。

そして、心と身体とどちらともわからないようなものを持っているから、
簡単に言葉にはならないと仰います。

だから、言葉を超えた何かがどの辺にいっているのか、
言語を超えた深い世界でその人と会うことの大事さを、

いつも書かれている本の中で教えてくれるような気がするのです。

そういう心を教えて下さるので、
いつも惹かれていくのかもしれません(^-^)