「あ、見つけた」
と思うことがあります。

朝もやの中から細く長く覗く太陽の光や、

青空の中に浮かぶ白い月や飛行機雲、

遠くの空に見える、
橙の夕方の色と、紺碧の夜の色との境目、

そして、強く輝く一番星。

たくさんの自分だけの見つけたを感じて、
今が在ることを感じていく。

地球という大きなものに守られて、
ここに立っているんだなあと、
改めて思う。