人の人生は、命が亡くなると終わるのかもしれません。

けれど、その命は、
その命を知っている人たちによって憧れられ、

その命のような生き方をしたいと思われ、

だとしたら、魂は終わるものではないのかもしれません。

ずっと馳せられ、続いていく。

わたしも終わらない魂でいられるような自分でいたいと、

そう思います。