感情は、
どんな感情を持ってもいい。

どんな感情も、持っていていいから、
その感情のもう一つ自分側にある、

その感情に至った自分の想いを、
大切にする。

感情が起こるのには理由がある。

だから感情だけに目を向けず、
心の奥の、純で、何にも染まっていない、

『想い』を大切にする。

正直でいる。

だから、見えてくるものがある。