環境の変化には、
ある種の嫌だなという想いの時間を、
過ごす場合もある。

きっと、何か「やりたい」という本能が、

今の環境が嫌だという気持ちに姿を変えて、
全身に訴えかけてくるからだろう。

その問いに答えようと
心の瞳が開いて、
本当にしたいことが見つけられたとき、

自分というものを通してみている環境が、
変化を遂げていく。

その嫌だった時間は、
ありがたいものへと変わっていく。