今回で、第50回を迎えられた、日本カウンセリング学会に参加していました。

私は学会員ではないので、一般参加となります。
日本にも多くの学会や勉強会などがございますが、
どの会でも、会に出向き、芯(真)の部分に触れられれば、
カウンセラーとしての気づきは得られます。

それはまた、言われたとおりに、ではなく、
自分の中に落とし込み、咀嚼し、
自分自身の新たなもの、として吐き出していくことも可能だと考えています。

今回も、勉強の場を作ってくださった皆様に感謝の思いでした。

日本にも、カウンセリングというものを真剣に考えている方々がたくさんいます。
クライエント様に、安心してカウンセリングをご利用いただければと思い、
今回の記事を書くことにしました。

そして私も、カウンセラーをさせていただいている限り、
常々勉強もしている状態でありたいと、そう思っています。

今日という残りの時間も、
皆様にとって良き時間になりますよう、心からお祈り申し上げます。