必ず前に進まなきゃいけないことはない。

一歩でも二歩でも三歩でも、思うままに後ろに進んでもいい。

そして、後ろに歩を進めたんだな、と気づいた時には、

次の一歩は、

今までの一歩よりも大きな歩幅で、

前進している自分のことを信じること。

下がってるあいだに力を溜めて、

その力で、自然と身体が、

ポンっと前に出るイメージで(^-^)