すべてぶつけて、

後悔のなきよう、という。

けれど、

出来ないことだってあり、

後悔することだってあり。

それが、

あなたの深みになることもある。

だから、

情熱のままであること。

ぶつけられることも、ぶつけられないことも、

情熱のままであれば、

冷静になる時もくるし、

事態をそのままで、受け入れられる時もくる。

そして、

最後には、

知り得たことに、感謝が出来る。