こだわりだけを持ち続けるのは、

きっとそんなに難しいことではないだろう。

こだわりのなかに、

思っているこだわりとは違うことだけれど、でもやり通す、という気持ちが、

その道を一つ大きくするのだろう。

 

こだわりのために別の何かを行うことが出来た時、

より、こだわりに近づく。

ひとつ、プラス何か、があること。

もう一歩上に。