自分でいい。

否定はせず、

どんな風に思われても、

どんな風に接されても、

自分でいいと思い、何も、否定をしない。

そうした方が、

好かれていくし、

だから、

真摯に生きようと、思う様になる。

認めるのが難しいかったら、

まずは、否定をしないところから。