見る人によっては、

それは苦労のように見える。

けれど、

本人には、

そのことに向き合える、

宝物のような、

贅沢で勿体無いほどの時間、

と感じているかもしれません(^-^)