事実、目の前にいる、

大切にしたいその一人の人のことを、

幸せにすることに尽くした方が、

気づけば、

多くの人の幸せのお手伝いに、

なれていたりする。

目の前の人を、飛び越えないで。

一つずつ。

輪が大きくなっているときは、

そういう時。

狭い世界から、

学べばいいんだ。