側にあるものは、

愛されている、という事実。

遠くにあるものは、

愛されているか愛されていないかも分からない、よく分からないもの。

だから、遠くを見て頑張り過ぎないで、

近くを見て、

愛されていることを見てみる。

そうして、自分を愛していけるといい。

もし頑張るのなら、

近くにある愛を探すこと(^-^)

そうして、いつかの時には遠くからも、

愛されてることに、

気づくことになる(^-^)