東京都のカウンセリング くれたけ心理相談室 山本真理子のご予約サイト

MENU

笑顔になる瞬間のために(ブログ)

家族のこと

宝物

昨日は十五夜、お月見の日でしたね。 そしてお月様は中秋の名月でした。 幼少のころ、 毎年十五夜の日には おばあちゃんとお母さんと 白玉団子を作り、 夜、外に出て、月を見ながらお団子を食べる。 秋の収穫に感謝して、月に見立 …

家族(くれたけ#45)

わたしにとって家族は、 感謝の存在、その想いです。 決して、一人一人それぞれで、 いつでも順風満帆ではなかったけれど、 どんなことがあろうと、 どんな形であろうと、 なくならない愛情があることを 教えてくれたのは、家族で …

親子の距離感(^^)

私の母は、とても愛情深く心配性で、自分の子供の失敗は見たくない、と思っている人です(^^) 兄曰く、自分たち以外から、自分の子供が叱られているのを見るのは我慢がならない人、と(^^) 他人から叱られようものなら、その後全 …

家族の写真

そこには(^^)

好き、も、憎むも、表裏一体(^^) 本当は好きだから、憎むことがある(^^) だから心のままに、思う存分に、好きでいればいいし、 思う存分に憎むのもいい(^^) その思いを消そうとしなければ、自分の心底にある気持ちに、気 …

立ち止まる事(^^)

その、小さな心で、 どれだけの事を受け止めて来たのでしょうか。 繊細で、心底優しいあなたは、 そのホッとするような笑顔を出す間もなく、 今も走り続ける。 けれど反面、あなたは、あなたのための笑顔を持っていて、 その笑顔を …

立ち止まる足

精算(^^)

過去を何とかするよりも、 未来に向かって何とかする方が、 気づけば自ずと過去の事も清算されていたりして、 ずっと、近道だったりします(^^) 自分が幸せになる事が、理解し合うという事を、自然と運んで来てくれる(^^) 今 …

家族

私のまんま(^^)

彼女は、私、として産まれてきた事を、悩んだ。 産まれて来て、私、じゃ、家族の思いに応えられないことがたくさんあるんじゃないか、と思ったから、 涙を流すこともあった。 でも、お母さんは、お父さんは、お姉ちゃんは、おじいちゃ …

物差しと分度器

小学校の時、使っていた物差しは、いったい誰のだろう、と思った。 小学校の時、使っていた分度器は、いったい誰のものだろう、と思った。 そう思って、眺めていたけど、いつの間にか、誰のものかなんて、どうでもよくなった。 そこに …

心配だから

あなたから見たら どうしてそんな事しているんだろうと 思うのかもしれません。 でも、その人が必要なことと想うのであれば、 それを行うことも必要なのかもしれません。 その人は、今を生きているだけかもしれません。 見えない未 …

PAGETOP