傷つかなくちゃ、

分からないこともある。

だから、分かったことは置いておいて、

その痛みは、いつか誰かと共有しよう。

そう出来る時に、そう出来たら、

いい。

そうしてまた、

出来る時に、

次のあなたに。